金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その②6周年から10周年とおすすめのプレゼントについて

結婚記念日

結婚周年その②6周年から10周年とおすすめのプレゼントについて

結婚して6年も経つと、もう何もないよ、相手がいるのが当たり前、空気みたいなもんだよ、なんて思っていませんか?

これまで生活を共にしてきたお陰で今のあなたがあるのではないでしょうか?仕事は全部自分がやってきた、家事は一人でやってきた、相手は何もしない、なんて言っても、一人の力だけでは成し得なかったことが一つぐらいはあると思います。

帰りに買い物を頼んだり、いやいやでもしてくれたり。効率は悪くても手伝おうとしてくれたり、体調の悪い日に看病してもらえたり。仕事で昇進が決まった時に嬉しい!という気持ちを報告したり。

一生のターニングポイントで、二人でいたらか乗り越えられた、到達できたことってあると思います。

あの時は大事だと思っていたけど、今は変わってしまったな。変わってしまったのは相手だけではなく、自分自身もそうかもしれません。

毎日顔を合わせていると、咄嗟にごめんやありがとうって言いにくくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、結婚記念日にありがとう、と伝えてみてはいかがでしょうか。

金婚式・銀婚式?結婚周年とは?おすすめのプレゼントについて

こちらは金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その②の記事です。

6周年~10周年までの○○婚式について記載しています。その他の周年は下のリンクより別の記事をチェックしてみてください。

金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その①1周年から5周年とおすすめのプレゼントについて
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?おすすめのプレゼントについて こちらは金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その①の記事です。 1周年~5周年までの○○婚式について記載しています。その他の周年は下のリンクより他の記事もチェックしてみてください。 TO...
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その③11周年から20周年とおすすめのプレゼントについて
10年という時間が過ぎて 10年の時間が流れ、二人の関係性はどう変わったでしょうか。良い意味で変化をし、お互いに成長できたでしょうか。 時間というものは有限ですし、戻ることはできません。 毎日毎日を一歩づつ前に進んでいく、後悔をすることがあ...
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?④
15年目までは毎年、15年目からは5年毎に結婚周年が設けられています。 日本では50周年、60周年頃までを数えることが多いですが、海外では75、80、85を数える周年も設けられているようです。 結婚周年の発祥の地とされているイギリスではもと...

 

6周年 鉄婚式

6周年は鉄です。鉄といえば身近に存在する、強い金属として一般的な物ではないでしょうか。ステンレスも鉄とニッケルなどの合金です。また、鉄人、鉄則、など鉄とつくと強さの象徴ともいえるでしょう。このように、ふたりの絆が鉄のように強くなるように、という意味が込められています。

おすすめのプレゼント:鉄瓶、鉄のフライパンなど。

鉄製品で調理をすると鉄分が摂れるので、健康面のケアもできますし、鉄のフライパンはコーティングされたフライパンよりも長年使えるので愛着もわきますね。

 

7周年 銅婚式

7周年は銅です。銅は銅像などにも用いられますし、銅の1種である真鍮などは5円玉や仏具などにも使われる家財や財産などを指し示すものとして昔から広く使われてきました。

そんな銅のように家族や財産を安定させ、繁栄できるといいですね。

おすすめのプレゼント:アクセサリー、食器など。また、銅製の調理器具などは抗菌作用もあり、一生ものとして使えます。

身に着けるアクセサリーをプレゼントする際には金属アレルギーなどに注意してください。

 

8周年 ゴム婚式・青銅婚式・電気器具婚式

8周年はゴム、青銅、電気器具です。ゴムも青銅も弾力性のあることから、生活に張り(弾力性)を、という意味が込められています。

また、電気器具というのは、一般的な家電製品の寿命が約8年程度、ということもあり、新しい家電をプレゼントする、という意味も含まれるようになりました。

ゴムや青銅のようにやさしくしなやかに、お互い持ちつ持たれつの関係を続けていけるといいですよね。そして、結婚してから毎日活躍してくれていた家電製品にも感謝を忘れずに。

おすすめのプレゼント:洗濯機、掃除機、テレビなどの家電。

ゴムの木もおすすめです。ゴムの木の花言葉は「永久の幸せ」で、二人のこれからを幸せにしてくれることでしょう。

 

9周年 陶器婚式

9周年は陶器です。陶器は衝撃を受けると欠けやヒビが入ったり、割れてしまいます。

二人の関係を陶器のように大事にしてきたことで迎えられたことをお互いに感謝しましょう。

おすすめのプレゼント:ペアマグカップや、コーヒーカップ、夫婦茶碗など。

 

10周年 アルミ婚式・錫婚式

10周年はアルミと錫(すず)です。美しい輝きとなめらかな錫のようにお互いの愛情に感謝をしましょう。

毎日過ごす中で一緒にいることは当然ではなく、一人ではこの10年をように生活することはできなかったでしょう。

また、10周年の結婚周年では『スイートテンダイヤモンド』という日本独自の結婚周年の呼び方もあります。

スイートテンダイヤモンドってなに?
スイートテンダイヤモンドとは一体何? スイートテンダイヤモンドという言葉、有名な言葉ですが、もしかすると初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。 スイートテンダイヤモンドとは、結婚10周年記念にダイヤモンドを贈るということなのですが、これ...

金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その他の周年とおすすめのプレゼントについてはこちら

金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その①1周年から5周年とおすすめのプレゼントについて
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?おすすめのプレゼントについて こちらは金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その①の記事です。 1周年~5周年までの○○婚式について記載しています。その他の周年は下のリンクより他の記事もチェックしてみてください。 TO...
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?その③11周年から20周年とおすすめのプレゼントについて
10年という時間が過ぎて 10年の時間が流れ、二人の関係性はどう変わったでしょうか。良い意味で変化をし、お互いに成長できたでしょうか。 時間というものは有限ですし、戻ることはできません。 毎日毎日を一歩づつ前に進んでいく、後悔をすることがあ...
金婚式・銀婚式?結婚周年とは?④
15年目までは毎年、15年目からは5年毎に結婚周年が設けられています。 日本では50周年、60周年頃までを数えることが多いですが、海外では75、80、85を数える周年も設けられているようです。 結婚周年の発祥の地とされているイギリスではもと...

 

TOPの目次はこちら

結婚周年とは何?結婚周年の数え方は?銀婚式・金婚式って何年目?
結婚周年とは何?結婚周年の数え方と呼び方について 金婚式や銀婚式という言葉、聞いたことありませんか?金婚式は結婚してから50周年、銀婚式は25周年を指します。 日本ではアメリカ式やイギリス式を適用させているのが多く、15年目までは毎年、以降...
タイトルとURLをコピーしました